• JAあしょろについて
  • 事業紹介
  • 店舗・施設のご案内
  • 農・畜産物のご紹介
  • 新着・重要なお知らせ一覧
  • JAあしょろネットショップ

放牧の町・足寄で生まれたチーズ

あしょろチーズ工房製品の美味しいお召し上がり方

 チーズは冷えたまま食べるより、30分ほど室温になじませる事で香りが立ってきて更に美味しくいただけます。

 各製品の美味しい食べ方の一例をご紹介しますので参考にしてみてください。

モッツァレラ

手で裂いてそのまま食べるのが一般的ですが、細かく裂いてサラダのトッピングにもお使いいただけます。
トマトとの相性が良いチーズです。
熱で溶けますのでピザなどにもどうぞ。

熟モッツァレラ「ころ」

ちょっと硬いチーズです。
歯ごたえが楽しめ噛めば噛むほど味が出ます。
最後にミルクの風味がフワーっと広がります。
袋から出してすぐに食べられますのでおやつやおつまみに最適です。
比較的軽い味わいなのでワインの他にビールなどにも合います。

クリームチーズ

クリームチーズ

クラッカーに塗ってスモークサーモンや生ハムをのせて。
ジャムをのせても美味しくいただけます。
バターのようにトーストに塗ることもできます。
室温になじませる事で柔らかくなり使いやすくなります。
また一口大にカットまたは砕いて半分に切ったプチトマトとオリーブオイルであえるとお洒落なおつまみになります。
お好みでブラックペッパーを振りかけてください。
一口大に砕いて塩昆布をまぶすと簡単なお酒のおつまみになります。

ゴーダ

柔らかさが特徴のチーズです。
そのままカットしてモチモチした食感をお楽しみください。
室温になじませてお刺身のようにワサビ醤油で食べても美味しくいただけます。
溶けやすいのでピザやトーストなどにも向いています。
炊き上がった熱々の炊き込みご飯に細かく切ったゴーダを混ぜ込むとコクと旨味が増して美味しくいただけます。
ご飯2合に対してゴーダ4分の1を目安としてください。

ナチュラルチーズは出荷後も熟成が進んでいます。
天はその進み具合が最もわかりやすいチーズです。
賞味期限に近づくほど、柔らかくまろやかになります。
固めがお好みの方は早めにお召し上がりください。
ブルーベリージャムをトッピングするのがお勧めの食べ方です。

そのままカットし、ワインなどのお供に。
セミハードタイプのチーズで熱で溶けますので、スライスしてパンにのせオーブントースターで焼いても美味しくいただけます。
細かく砕くかチーズおろし(チーズグレーター)で削ってパスタやカレーにトッピングすると豊かなチーズの風味が楽しめます。
キムチ鍋に投入するのもお勧めです。

真(ラクレット)

溶かして食べるチーズとして有名です。
「アルプスの少女ハイジ」が溶かして食べていたのも同じタイプのチーズです。
専用のラクレットオーブンがなくてもフライパンや電子レンジでも簡単に溶かすことができます。
弱火でじっくり温めて溶かして下さい。
茹でたジャガイモにかけるのが一番のお勧めですが、アスパラやブロッコリー、スライスしたフランスパンなどにも良く合います。
そのまま食べても美味しく、溶かした時と全く違った味わいで2度楽しめます。
皮の部分は網やオーブンでカリカリに焼くと香ばしくなり更に美味しくなります。

チーズの保存方法

チーズは乾燥を嫌います。
使い切れなかったチーズはアルミホイルなどで切り口をぴったり覆い冷蔵庫に保管し、早めにお召し上がりください。